2013年第3回『大蔵谷なう。』開催のお知らせ。6/12(水)

 大学と地域との交流・研究拠点として、お借りしております明石市大蔵八幡町の大塩邸にて、第3回『大蔵谷なう。』勉強会を開催致します。第3回目(通年第9回)は三田牧准教授(神戸学院大学)より『沖縄県糸満の魚売り――市場に息づく魚食文化』についてお話しいただきます。大学内外・老若男女問わず、お気軽にお立ち寄りくださいませ。皆様のご参加をお待ちしております!!

 第3回『大蔵谷なう。』は、「沖縄県糸満の魚売り——市場に息づく魚食文化」をテーマに、漁師町・糸満の魚売りを担うアンマー(お母さん)たちの活躍についてご紹介いたします。近年、地域振興の取り組みとともに「地域の文化的資源は何か?」という議論が高まっています。彼女たちの姿からは、文化的資源とは、名所・史蹟・商業施設だけでなく、「人」にこそあるのだということが見えてきます。

                  記

テーマ 『沖縄県糸満の魚売り――市場に息づく魚食文化』
日時  2013年6月12日(水)17:00~18:00(開場16:30)
話題提供 三田 牧(神戸学院大学人文学部准教授)
会場 大塩邸(明石市大蔵八幡町5-23)
※大塩邸は明石市の都市景観形成重要建築物です。
参加費・申し込み 不要
主催 神戸学院大学地域研究センター

タイトルとURLをコピーしました